夢の国

 

ディズニーランドは今日も人を呼ぶ。

 

人生初のディズニーランドに行ってきた。人生初というのは、正確に言えば違う。幼少期に両親に連れられて来たことがあるらしいのだが、覚えているものはホテルの揺れるカーテンくらいのもので、これは“経験”として定義づけるにはあまりに少ない情報だ。ところがこれを“体験”と表現すれば違和感は無いから、人間の扱う言語と認知は面白い。

スポンサーリンク

 

一方、幸か不幸か兄に連れられて同行した弟、こちらは正真正銘人生初のディズニーランドだった。感想を一言で求めると「待ち時間、前後に女性が多かったよな」と言う。若い男の性だが、もう少し何か無いものかと笑う。しかしこの感想も面白いもので、これは兄弟二人の選択の連続から生まれた感想なのだ。例えば列が二股に別れたような時、我々兄弟は無意識下で二つの選択肢を比べ、若い女性がいる列を選択していた。無意識なのだが、気づいてしまった僕は意識化での決定を下していたということになるだろうか。いずれにせよ、生物の本能とは恐ろしい。

 

本能的というのかわからないが、僕は夢の国のコンセプトにあまり共感できずに生きてきた側の人間だ。夢の国に頼る前に、現実と人生に向き合うべきだと考えてきた。勿論、作品としてのディズニーは好きだし、大いに学びがあると思っている。思わず口ずさんでしまうメロディーであったり、知らず知らず影響も受けている。しかし、それを現実の世界に具現化し、その中に飛び込むということには抵抗があった。他ならぬ自分自身とその思想がその世界観にとっては不純分子であり、水と油のように混ざり合わないものだと感じていたからだ。そのため、今回の夢の国旅行も、純粋に楽しむというよりは、ナナメ下から観測するくらいの体験になるだろうと考えていた。

 

らいむぎ
めっっっっっっっっちゃ楽しいじゃん!!!!!!

 

え!?何!?アトラクションマジハンパねぇー!!特にあのスペースマウンテンってやつ!!何あれギュオオオオオオオオってなってブウォンッッッッってきてギュオオオオオオオオってなって!!叫んでるのにぜんっぜんおわんないからノド枯れちゃったっ!!!!

 

という具合に、行ってみると偏差値が下がるくらいには楽しかった。来園者の過半数がリピーターだという事実にも頷ける。近頃、頭の中を空にして笑うということは久しく無かったので、夢の国の魔力とは恐ろしいものだと震撼する。特にあのスペースマウンテンは面白い。暗闇と視界の隅に映る星群の中を縦横無尽に振り回されている間は叫びや笑いが止まらなく、この上なく生を実感する。同時に、恐らく夢の国で最も死に肉薄できる。これは素晴らしい乗り物だ、と何度か連続で並んだ。

スポンサーリンク

 

その途中、一度事件が起きた。何度目か、乗車まであと少しのところでコースターの安全装置が起動、運転が止まったのだ。瞬間、「惜しい!!」と思った。もしもその一度に遭遇していたら、暗闇の中に放り出され、星群の中を宙ぶらりんになるという貴重な体験ができたというものだ。生の絶頂から不意に突き落とされ、暗闇で身動きが取れずにいるだなんて、どのような感覚なのだろう。実際に体験した人々はそれどころでは無いだろうが、僕は兎角、羨ましくて仕方が無かった。きっと悠久の時を感じながら漂っているのだろう、と想像しながら、蒼い光が照らす通路で時間を浪費するしか無かった。米津玄師のLemonを聴いていた。

 

數十分に及ぶ安全の点検が終わり、宇宙空間に放り出された三台分の乗車客が帰ってきた。この時の出来事に僕はひどく感動した。自然と拍手が沸き起こったのだ。「これなんの拍手?」と囁く感受性の貧困なゲストも居たが、紛れもなくあれは生への祝福である。生還と安堵、感謝。人は事あるごとに手を叩く習性があるが、ここには言語化可能な(移入し易い)感情がついて回ることが多い。賞賛、驚愕、感謝。僕が羨望の想いを馳せて居たように、あの空間を共有した人間は皆、何かを感じ、考え、祈ってその場に居たのだろう。それによって必然的に湧き上がった拍手だったのだ。点検する側も大変だっただろう。勝手に素敵な体験をさせていただいた。いつものことなのだが。

 

人間の世界には言語と認知の面白い関係性がある。意識するか否かで感じ取れるものは変わり、その感覚を言語化することで、目に見えない何かを掴み取って形で遺すことが出来る。人によってはそれが絵であったり、曲だったり、演技だったりする訳だ。表現の方法は様々で、それが誰かに届くかどうかなんてわからない。届いたって届かなくたって、いつかは消えて無くなってしまう。表現や世界観といったものは簡単には量れないし、測れないが、何か判断基準を設けるなら、その普遍性と受け取った人数なのではないだろうか。

 

ディズニーランドは今日も人を呼ぶ。

 

そこに少しだけ参加できた人間として楽しい世界を探し、言葉で表現していこうと思う。

 

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • あのさ…..
    ディズニーランドについてこんなに面白おかしく、生物の本能から生死までもを織り込んで書いてあるブログ読んだの初めてwwww
    やっぱむぎさんは面白い!!

    • 普通のディズニーランド記事ではないですよね。。。笑

      またこれからちょこちょこ更新しますので、ぜひ読んであげてください^^

      ここだけの話ですが、ツイキャス配信もじわじわやっていきます。
      秘密の方がやる気が出るので、みんなには言わないでね。笑

  • あ〜面白かった♪♪
    全部読んだ~ヽ(^0^)ノ
    ただなんとな〜く、忙しい日々をこなしてるだけの私からしたらすごく色々考えてて、その時の感情とかよく覚えてるなぁって感想です(≧◡≦)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です