また立ち上がれる言葉

 

おじゃまします。歌好きのらいむぎ(@rye_enjoy)と申します。

 

「周りの意見に流されやすい」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そんなあなたにも伝えたいことがあります。

 

名言シリーズを書くようになってから、身の回りの言葉に敏感になってきたのですが、言葉って色々なところに溢れていますね。

 

例えば、普段自分が何気なく聴いている音楽もそう。メロディーを楽しむ人も多いと思うのですが、僕の場合はどうしても歌詞に注意して聴いてしまったり、なんなら好きになる理由も大半は歌詞だったりします。

 

今回は、歌詞から名言を書き出してみます。

 

参考楽曲:『堂々巡り』イトヲカシ 作詞作曲

 

伊東歌詞太郎

 

はい。予感してた方もいるかも知れませんね。らいむぎの大好きな伊東歌詞太郎先生です。

 

最近、「家庭教室」という本を執筆され、名実ともに(僕の中で)先生になられたお方です。

 

万が一、知らない方はこちら→wiki

 

そんな伊東歌詞太郎先生の歌唱する楽曲の中で、(もちろん好きな曲はたくさんありますが!!!)僕が沈んだ時によく聴く曲があります。

 

以下、歌詞より一部引用です。

 

泣いたって喚いたって変わりはしない

気づけば足元に道はある 道はあるさ

何度だって繰り返す そりゃ堂々巡りばかりだけど

最期まで振り返ることなくいま進め

誰になんて言われても ただ堂々としてりゃいいんだよ

君だけの未来へ行こう

 

元気をもらえますね。

スポンサーリンク

 

厳しくも優しい言葉

 

どうしよう・・・好きが溢れてとりとめのない文章になるかも知れませんが、今回は許してください。それくらい僕は伊東歌詞太郎が好きです。

 

伊東歌詞太郎先生はよく、楽曲に”応援”や”励まし”のメッセージを込めます。

 

 

『堂々巡り』はすごくストレートな励ましの言葉がたくさん散りばめられており、聴いているだけで動き出したくなる(というか動き出す)曲なんです!!

 

生きていればうまくいかない時期もあります。そこに、泣いても喚いても現実は変わらないよ、という厳しい言葉と、たくさんの励ましの言葉、、、

 

僕は何度もこの曲に救われてきました。

 

って

 

らいむぎ
ただの楽曲PRだなこの記事!!!

 

たまには許してください。笑

スポンサーリンク

 

自分だけの未来へ行こう

 

冒頭で「周りの意見に流されやすい」ということに触れましたが、これ、実は僕のことなんです。

 

幼い頃から両親の顔色、友達の顔色、教授の顔色、彼女の顔色など、周りばかりを気にして生きてきました。

 

でも、行き詰まってしまったんです。

 

人間の、外部刺激による行動には限界があります。つまり、

 

まず伺うべきは自分の顔色なのです。

 

世界は自分を中心に回っているわけではありませんが、世界を見ているのは他でもない自分です。

 

沈んでしまうことがあっても、まずは他でもない自分を大切にし、自分を尊敬し、自分に自信を持つ。そこからスタートして、あとは

 

堂々と進めばいいのです。

 

たまには俺TUEEEEEEE!!!でいいのです。

 

音楽は時に、背中を押してくれます。あなたも、好きな音楽の歌詞に耳を傾けてみてください。

 

きっと、少し世界が違って見えるはずです。

 

ではでは!

 

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

らいむぎ
わくわく、楽しみ続けていきましょう!!

 

好きな歌でも口ずさみながら。

 

嵯峨ノ頼麦

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です