【旅ログ】伊豆の旅 その2

 

おじゃまします。らいむぎ(@rye_mitta)と申します。

 

 

伊豆の海から失礼いたします。

 

今日も、伊豆の旅の続きでございます。

 

いやぁ…今日はすごく動いたので、写真が多くなってしまいましたが、順番に載せていきたいと思います。

 

写真を撮るの大好きなんですよ。。。

 

あさんぽ

 

朝はおじいちゃんが日の出前、5:30頃に起こしてくれて、朝日を見ることができました。

 

 

あぁ・・・素敵だ・・・。

 

海に綺麗に反射して、台湾への旅を思い出しました。

 

また、伊豆半島ですので、北西を見ますと、

 

 

富士山が見えます。

 

日が昇り、朝霧で霞みがかった富士ですが、シルエットがくっきりとわかりますね。

 

なんとも贅沢な朝を迎えました。

 

 

あ、もう一枚あった。

 

大瀬神社

 

ここら辺は半島の中でも、ちょっと変わった地形をしておりまして、

 

 

先っちょの方には、神社があり、何やら神秘的な池があるとのこと。案内には、伊豆七ふしぎの一つと書いてあります。

 

まだ六つも不思議があるのか。

 

 

綺麗ですね。あの鳥居の向こう側は、もう神の領域です。

 

 

これですね。石造りで、どっしりとした構えをしております。

 

 

階段を登っていくと、神社のお社が見えてきます。この神社は海上安全がメインなのですが、どうやら天狗が一枚噛んでいるらしいです。

 

天狗の団扇が置かれていたり、鳥居の下には鉄下駄があったり、本堂の彫刻が天狗だらけだったり。

 

 

見てください。梁までこのこだわりっぷり。あんまり安い本堂ではないですよこれ。笑

 

そして、潮風にあてられて、材の木が白くなっています。なんとも神秘的ですね。

 

神社から降りて、探検していきましょう。ここから先は、100円の入場料金がかかります。

 

 

なんか・・・異世界に通じていそうですね。不思議と風も止み、すごく静かなんです。

 

 

朝日が差し込みますね。ここで朝のツイキャスを少しやったのですが、視聴者の分の100円は払っていません。グレーゾーン。

 

 

道なりに進むと、噂の神池がありました。

 

 

先ほども載せたように、周囲は海なのに、この池だけ淡水なのだそうです。

 

試しに舐めてみると・・・

 

らいむぎ
淡水です(皆には引き止められました)

 

 

ご覧の通り、淡水魚だらけなのです。コイキングもいました。池の主は、きっと赤いギャラドスです。

 

 

帰り道の卑猥なモニュメントにはノーコメントです。

 

お昼のダイビング

 

日が昇ったので、歩いて拠点に帰り、ダイビングです。

 

 

日が昇ると、海が透き通って見えますね。今日もなかなかの透明度です。

 

 

西岸、写真中央の小さい石を二つ載せたのは、らいむぎです。痕跡を残していきましょう。

 

 

ちなみに富士は、これ以降一日中、雲をかぶってしまいました。。。

 

 

いい写真。

 

 

スーツに着替えて、今日も潜っていきます。今日は二日目ということで、着替えも全て自分でやりました。

 

(今日は股間を隠す必要は無いですね!!!)

 

フィンもつけて、潜ります。

 

海は毎日変わるので、いる魚も昨日と全然違いました。

 

クロダイ(たくさん!!)、メジナ、イシダイの子(魚肉ソーセージをあげました)、カエルアンコウ(レア)。

 

暖流も流れ込んできていたので、熱帯魚もたくさんいました。

 

 

らいむぎ
海の宝石箱やぁ!!!

 

 

海面からでも、色んな魚がいるのがわかりますね。

 

今日は、10mのところまで連れて行ってもらいました。水圧がかかり、2気圧の領域です。

 

圧が地上の二倍。インストラクターさんに聞くと、2本目では、なかなかそこまで連れて行かないとのこと。

 

ラッキー!!!

 

伊豆半島西岸ドライブ

 

西岸を車で走り、堂ヶ島というところまで行ってまいりました。

 

 

左下の、「現在地」と書かれている地点ですね。

 

道路が山沿いを走っており、なかなか蛇行しておりました。

 

 

途中の、煌きの丘というビュースポット。

 

雲のかかっているあたりが富士山です。雲が晴れていたら、絶景も絶景なんだろうなあ・・・。

 

十分に綺麗でしたけどね。

 

 

堂ヶ島に着くと、1200yenで、20分くらいの遊覧船に乗ることになりました。

 

 

なかなか有名なようで、バスでの観光客が多いですね。

 

若い女の子が増えて、らいむぎも大興奮(してません)。

 

遊覧船

 

乗っていきましょう。

 

 

出発!!!

 

自動でアナウンスが入り、解説されるのですが、おかまいなしに自由に写真を撮り始めます。

 

源頼朝が隠れたとかなんとかいうくだりだけは、源氏の末裔としてしっかりと聞いておきました。

 

 

友情出演:岩場で手を振ってくれたおっちゃん

 

 

この辺りはなんとかっていう堆積岩で構成されており、波で地形が削られて、このように島の多い、不思議な地が形成されたとのこと。

 

 

この島なんかは、潮風でおじさまの頭がハゲ散らかしているように見えますね。

 

そんなことを弟と話して爆笑していたら、、頂上付近に鳥居が見えたので、二人は口をつぐみました。

 

天罰がくだりますよマジで・・・。

 

遊覧船は、洞窟にも入ってくれました。

 

 

ひょー!!!テンションが上がりますね。

 

次の一枚は、なかなかの渾身の一枚です。

 

 

これ!!!めちゃめちゃ綺麗じゃないですか???

 

僕もカメラマンとして、腕を上げてきましたかね。。。

 

 

出るのが名残惜しいほどの綺麗な海の色。潜ったら、それはもう綺麗なんだろうなあ・・・(ため息)。

 

 

帰り道、聞き捨てならない情報を得ました。上の写真には露天風呂があります。見えますか???

 

 

らいむぎ
行くしか!!!!!!

 

温泉巡り

 

車で少しだけ移動します。そして、

 

 

ありました!!!遊覧船から見たあそこです!!!

 

来た、、、のですが、なんと、、、

 

火曜日は定休日とのこと(爆)。

 

しかし、諦めきれないらいむぎは、

 

 

崖側から腕を伸ばして写真だけ撮影。なんという根性。

 

ちなみに、この露天風呂からの景色は、

 

 

これです。

 

ああ!!!!!!!!!!なんで入れないのぉ(泣)

 

絶対、こんな絶景を眺めながら天然温泉(500yen)なんて、最高じゃん!!!

 

今回の旅の、唯一の心残りかもしれません。

 

悔しいらいむぎ一行は、

 

 

道の駅、くるら戸田で温泉に浸かることにしました。ここはここで極楽でした。。。

 

 

温泉上がりに、弟とGhanaアイスをシェア。食べながら、二人で五七五大会をしました。

 

佳作は、

 

 

女湯を 眺めて食べる ガーナチョコ

 

 

帰る頃には夕日に照らされた雲が綺麗でした。

 

 

明日も伊豆の地を満喫します。

 

ではでは!!写真ばかりになってしまいましたが、今日はこのあたりにしようと思います。

 

伊豆、最高だ。

 

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

らいむぎ
今日もわくわく、楽しんで生きましょう!!!

 

礼麦

 

4 件のコメント

  • 今回も素敵な写真と記事!下ネタ含めだけどw
    ホント写真うまっ!(*・ω・)ノ
    一眼レフですか??とても綺麗でした。どれもこれも。モニュメントの木は別としてwww
    しかし10mて遥かに予想以上のセンスw流石ですねぇ。朝の配信配信残念でしたが、十分堪能しました♪露天風呂休み…(/ _ ; )お気持ちめちゃわかります。まだ行けたら良いですね!五七五もナイスセンス?!笑笑

    いやいやぁありがとうございました

    • 人生には下ネタも必要だと思っています!笑 ミラーレス一眼という、一眼とデジカメの間くらいのものを愛用しています!!どんどんセンスを発揮して、新しいことに挑戦していきます!!

  • 楽しんでますね
    らいくんの写真 めっちゃキレイで見とれました✨
    いまだに海で泳いだことがないので ダイビングなんてめっちゃ憧れます。キレイな景色を満喫してきてください。
    らいくんのおかげでこっちも体験させてもらっている気になります。ありがとう

    • 遡ってくださって!!合わせて返信させていただきますね!!夜勤中に飯テロ失礼いたしましたw 栄は、普段はあまり行かないのですが、活気があって好きな街です^^ 挑戦するタイミングなんて、何歳になってもあると思いますよ!!僕はおじいちゃんになっても、新しい経験を積んで、エネルギッシュで居たいな、と思っています。しばらくは、めぐもちゃんの代わりに、いろんな景色を投稿していきますね!ありがとう^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です