【コラム】恋愛観など

 

おじゃまします。らいむぎ(@rye_mitta)と申します。

 

伊豆で食べたご飯のめしテロ記事を書こうと思っていたのですが、なぜか筆が(指が?)進まなくて、テーマを変更しました。

 

雨の日は、自分の気持ちを含めて、思わぬ方向に物事が動くことがあって面白いです。

 

今回は、恋バナをしていきましょう。

 

普段、恋愛について思っていることをつらつらと書いただけですので、軽い読み物くらいに読んでください。

 

これまでの恋愛

 

ざっくりとこれまでの恋愛を思い返すと、なんともそれぞれの恋愛は短く、そして濃密でした。

 

燃え上がるような恋愛。彼女のことを第一に据えるが為、生活を彼女のために再構築する。

 

彼女が好きな音楽があるなら、それを聴く。

 

彼女が好きな本があるなら、それを読む。

 

彼女が引っ越すなら、僕もそれを考える。

 

ひたすら、相手に合わせて恋愛をする人間でした。

 

でした。

 

ある人

 

ある人との恋愛をきっかけに、僕は恋愛を遠ざけるようになりました。三年くらい前のことです。

 

その人はあまりにも美しく、あまりにも聡明で、あまりにも優しい人でした。

 

当時の僕には、随分と不釣り合いな相手に思えました。

 

その人の隣に並んでいたい、とたくさんの努力をしました。

 

彼女の好きな音楽を聴きました。

 

彼女の好きな本を読みました。

 

彼女がお洒落なので、自分も服装に敏感であろうとしました。

 

全て、彼女を中心に考えていました。

 

そして、破綻しました。

 

想いをかければかけるほど、積もり積もる嫉妬心に押しつぶされたのです。

 

彼女に関わる全てのものに嫉妬を覚えるようになりました。

 

結局、それが一つの火種となり、二人は別れました

 

今思うと、なんとも不器用な恋愛でした。

 

それ以来、しばらくの期間、その子よりも素敵な女性に出逢える気がせず、恋愛を遠ざけるようになりました。

 

自信と勇気

 

当時の自分に欠けていたものは、自信だったのだと思います。

 

嫉妬心とは、劣等感など、他者と自分を比べることから生じます。

 

また、自信とは、自己を確立しているところに発生します。

 

自ら考え、挑戦し、成功体験を積み上げたところに発生します。

 

僕はその成功の判断を全て、彼女に委ねてしまっていました。

 

そうすると、些細な行き違いで、自信は脆く崩れます。

 

結果、抱く嫉妬心から、僕は自滅していったのです。

 

恋愛観も、なんとも後ろ向きになってしまっていました。

 

一時期、物思いにふけることを趣味にしていた時期がありまして、その頃に心理学やら何やらを読み漁っておりました。

 

その中で出逢った一つの考え方、アドラー心理学

 

アドラー心理学的目的論に沿って表現すると、

 

恋ができない状態

は、

傷つきたくないから踏み出さない状態

 

であると言い換えることができます。

 

あとは踏み出す勇気の問題です。

 

そのことに気づいてからは、割と前向きに恋愛を考えられるようになってきました。

 

時が来れば、自然に人を好きになることができる。

 

その時は踏み出して、想いを伝えるだけ。

 

そう思い、まずは自分に足りなかった自信をつけるために、動き始めました。

 

今の恋愛観

 

色々ありましたが、最近は前向きに、恋愛をしたいと考えられるようになっています。

 

後ろ向きに遠ざけていた恋愛に、また近づけそうです。

 

自信をつけるため、魅力的な男性になるため、多くのことに挑戦し、それも少しずつ実を結びつつあります。

 

まだまだひよっ子ですけどね。

 

特にこの二年間。

 

2015年10月〜2016年9月は、一点について深く挑戦した期間。

 

2016年10月〜2017年9月は、多点について広く挑戦した期間。

 

随分と、考え方も変わりました。

 

ただ、あまりに趣味が多角化したおかげで、いざ恋愛をしても多くの時間を割けなそうだな、、、とは思います。

 

らいむぎ
本末転倒とはこのことか、、、

 

きっと、相手にも大好きな何かや、打ち込める仕事、趣味などがあって、お互いの時間を尊重し合える関係ならば、成立するのではないかな、と思います。

 

そして、たまにお互いの好きが交差して、二人の時間が生まれれば幸せだな、と思います。

 

尽くし尽くされ、ベタベタと愛し合う、、、というのは、今の僕には向いていないと思います。

 

いつか、そんな相手が見つかることでしょう。(割とアンテナは張って、ゆったりと探しています。)

 

割と、そろそろ近くにいるんじゃないかな、、、

 

意外と、こういう時の勘は当たるのです!

 

好み

 

これは、ツイキャスでもよく聞かれるので、好みもまとめておきたいと思います。

 

思いつくままに箇条書きにすると、

 

・自分の打ち込める何かがあり、お互いの時間を尊重できる

・言葉を大切にしている

・スラッとしている

・食べることが好き

・声が早見沙織

 

好み、と言ったらこんな感じでしょうか。

 

声は、早見沙織一択ですね!!!!!!

 

まとめ

 

つれづれなるままに書いてしまいましたが、恋愛に臆病な期間を経て、今は受け入れ態勢が万全な状態です!笑

 

年齢などは、全くもって気にならなくなりましたね。。。不思議なものです。

 

次、恋愛をするとしたら、二年ぶりくらいになるので、どうなるのかは全く想像がつきませんが。

 

なんだかんだ言って、また恋愛に振り回されていそうですね。笑

 

近い将来の、その日を楽しみに。

 

ではでは!

 

今回は、恋バナでした!

 

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

らいむぎ
今日もわくわく、楽しんで生きましょう!!!

 

おつむぎです!!

 

礼麦

 

4 件のコメント

  • じっくり読ませていただきました!!
    恋愛面でとても共感できるような部分があり、自分を重ねて読んでました
    また、恋愛でなくても同じことがいえる内容もあり読みやすくも考えさせられるブログでした!
    ありがとうございました

    • ゆうはちゃん!!コメントありがとう。うん、この話は恋愛以外にも活かせる話だな、と思ってブログでシェアをしてみました。いつも配信にも来てくれてありがとうね!!^^

  • (´つヮ⊂)ウオォォwwww
    辿り着く場所はやはり「早見沙織」(´^ω^`)ブフォwww
    確かに「アドラー心理学」は自分と重ねると納得してしまう部分って多いです…(ボソッ)
    恋は相手に合わせるものではない!
    お互いが個々に尊重しあえて、尚且つ、楽しければそれで成り立つものだと思うから…。。。
    十人十色、色んな恋愛の仕方はあれども、破綻する内容は
    とても似ていることが多い…難しいけど、事実なんですよね…
    お互いが信じ合える…長い通話中、無言でも苦にならない!
    そんな関係を築いて行きたい(ボソッ)
    遠距離なら尚更です…疑い始めたら疑うことを覚えてしまったら、信じることは出来ないのですから。。。

  • むぎくんが(コラムではむぎくんと呼ぼう笑 )素敵な女性( 女性でなくてもいいや)と出逢える事、祈っています。

    恋愛して嫌な面も好きな面も成長出来るのは間違いないと思ってます。

    私は恋愛はもう結婚してるので出来ませんが、いつも恋する乙女でいようと心がけています。
    はたから見たらおばさんが気持ち悪!ってなるかも知れませんが、そんなのお構い無しです。
    たぶん、心臓ドキドキ、血流も良くなって女性ホルモンも分泌され長生き出来るかなと?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です