女神の悪戯(仮)執筆過程

あれはまだ、沖から吹く海風があまりに冷たく、

その年もまた着慣れたコートを脱ぐことができなかった頃。

砂浜を歩く季節外れの観光客の人目を避けるようにして、

少年は几帳面に整備された砂まじりの遊歩道を歩いていた。

あらゆる近代娯楽から切り離された、この僻地においては、

遠方に暮らす想い人からの便りがないことによる、

内に沸く寂寥と焦燥の念を紛らわすには、

眼前に拡がる海原に、思いを委ねる他はなかったのである。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です