消しゴムの証言

うちのご主人はいつまでも子どもだ。

いい歳してボクを使って遊んでいる。

意味もなく部屋を探検させたり、

他の文房具と決闘させたりする。

まったく、くだらねぇよな。

ボクらは消すために生まれてきた。

身を削り働くために生まれてきた。

一年せずに削れ消えた仲間もいる。

だというのに、

いったいなんだというのだ。

このままでは役割を果たせない。

ボクのことを十年もそばに置いてさ。

大事に大事に持ち歩いてくれてさ。

まったく。

うっかり好きになっちまうとこだ。

まぁ、こんな一生も悪くはないかな。

ありがとうな。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 先日の『朝のアフタートーク』で消しゴムの話がありましたね。あの話を聴いて後にこの詩を読むと、より情景が浮かんで楽しく思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA