まどろみの記憶

額に柔らかな温かみを感じる。

スネにあたる温風が心地いい。

ふわりふわりとまどろむうち、

心安らかに眠りに落ちていく。

これだけの年月を生かされて、

今思い浮かぶのはどうしてか、

幼い頃の記憶ばかり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です