練習

先の景色の先見つめ

足乗せフラフラこぎ出だす

たとえ倒れてケガしても

先を見つめてこぎ出だす

幼い記憶か幻想か

懐かしいとは思うけど

どこか薄れていく記憶

どこか忘れていく記憶

誰でも初めは下手っぴだ

骨折り血だって流れるさ

諦めなかった人だけが

風を感じられたんだ

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 人間生きていれば、生きているだけで、たくさんの経験や体験をしますね。
    この世に生まれ落ちるのは、魂を磨くためだとか。神様に現世を伝えるためだとか。
    そんな理由より、1度きりの人生思いきり色々な体験をしたい。色々なモノを見たい、知りたい。喜怒哀楽、自由奔放、天真爛漫に心の動くままに風を感じ、季節を感じ、生命の息吹を感じ、穏やかに生きていきたいものです。

    そして最後の時には、あぁ楽しかったと笑顔で眠りにつきたいなんて思おます。できるなら、骨になったあとも窮屈なお墓で無く、自然にかえして欲しいと願います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA