小さなパイロット

あなたにとられた腕ひとつ

そっと抜こうとしたけれど

起こしてしまうと思ったら

動けなくなってしまったよ

夢へ飛び立っていったのは

まるで小さなパイロット

今ごろすきな夢をみて

たのしく遊んでいるだろう

あなたもいつか大きくなり

だれかの眠りをさそうかな

そのとき今と同じよな

やさしい目ならいいのにな

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 彼女や奥さんに対しての詩かと思いきや、お子さんが対象かな?
    寝かし付け上手なパパさんに、心地よく寝息をたてる子どもの様子が目に浮かびました。
    家族の温かなゆるやかな時間ですね。
    頼麦さんは、本当に素敵なパパさんになりそうです。
    温かなご家庭築けますように。

  • 夢の中を飛びまわる小さなパイロット。まるで、らいむぎさんのようですね。だとしたら、そのあなたもきっと、大きくなってもやさしい目をしているのかな?
    ほんわかしていて素敵な詩ですね

  • 就活が始まる息子から、「県外に就職することにしたよ」と、報告を受けた次の日に、この詩が公開されました。ちょうど彼のこれまでを振り返っている時でした。読みながら、彼が幼い頃はこの詩の通りだったな…と涙が。もちろん成長を嬉しく思う気持ちでいっぱいです。でも少しだけ寂しい気持ちもありました。この詩はそんな私の心に寄り添って穏やかにしてくれました。ありがとうございました。これからも彼の進む道を変わらず応援していこうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA