愛の引き出し

嫌なことがあったのなら

優しい時間を思い出そう

心が逆立っているのなら

愛しい時間を思い出そう

ほら 思い出してごらん

優しさに頬は緩んだかな

愛しさに心は緩んだかな

愛の引き出し増やせれば

この先もきっと大丈夫さ

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 頼麦さんの詩、背景つけて待受にしたいです。

    与えられているはずなのにハッキリ思い出せない愛の引出し。
    自分に自信がないせい?
    愛を与えられるに値しないと思うから、受けているはずのものを素直に受け入れられていない。
    曖昧でボヤケていて思い出せない。
    愛に貪欲で、常に愛に欠乏しているような気になっていて、泣きたいのに泣けない。寂しさに飲み込まれそうで、泣いたら不安に覆い被されそうで。
    私なんて・・・・・が、頭の中をループする。闇く頭の中を侵食してくる。
    そんな時に眺める頼麦さんの詩は、黒く染まった心に白をおいてくれる。いつも、ありがとう。暗闇におちる寸前で、いつも救われています。
    ありがとう。

  • こんなかわいい自分だけの引き出しにしまっておけば
    辛い時や寂しい時に吐き出して大丈夫になるかな?

    いや、もしかして本当は皆んな心の中にこんな引き出しを持っているけど

    しまっておいたことを忘れてしまうのかな。

  • 読んでびっくり衝撃受けた
    まるで私に向けている?
    そんな錯覚起こすほど

    神がかり
    同じ体験
    したばかり
    洞察力か
    シンライムギか

    120日続いた詩の投稿。
    そろそろネタ切れだと 今朝のトークで話された
    たまたま残った詩がコレなの?

    悪魔的
    射抜いた矢じり
    心地良い
    そんな天使の
    愛に浸れり

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA