言葉

死んで消えてしまうまでに

発することのできる言葉は

一体いくつあるんだろう

もし今日消えてしまうなら

誰に言葉を贈るだろう

家族

恋人

友人

きっとそれは愛する人

だからさ

日々の言葉を丁寧に紡ごう

いつか不意に今日までだと

告げられてしまうその日まで

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 死んでこの世から消えてしまう前に

    一体どれだけの人にどんな言葉を紡いでゆくのでしょうね。

  • 死んで消えてゆく前にはきっと大切な人達へ言葉を残していくのだろう。

    言葉とは尽きることのない魔法の源であり
    人を傷つけることも癒すこともできる力がある。

    自分の心を守るために誰かを傷つける言葉を発する自分にだけはなるまいと思う。

  • らいむぎさんの言葉は時に難しいので伝わりにくい時もありますね。
    でも万人に全て理解してもらう事は難しいですよね。
    それでも言葉を発する勇気を持つらいむぎさん。

    今日の発信に対する皆さんの反応を見て考えるものがありました。
    「相手の言うことに耳を傾ける」ということは
    「相手の気持ちに寄り添う」という気がするのです。

    言葉の真意を議論する事が重要ではない気がして。

    うまく言えないのですが…
    その人がどういう想いでその言葉を発したのか。
    私にはそこが気になります。
    受け止め方はもちろん人それぞれですけれど。

    時には本意ではない取られ方をする時もありますね…
    私も今までたくさん経験しました。

    らいむぎさんはまっすぐな方だから時には言葉が厳しく聞こえる時もありますけれど。

    噛みついて来られたとしたら…
    「そんな見方もあるのか」と思って。
    私も気をつけようと思います。

    「人のふり見て我がふり直せ」
    …漢字間違ってるかしら…
    昔の人は良く言っておられますよね。

    ……金曜日夜の呟きでした。
    おやすみなさい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA