呼び鈴

まだ自分の幼かったころ

小さないたずらが流行った

呼び鈴を押して逃げるだけ

いわゆるピンポンダッシュだ

いけないことと知りながら

迷惑をかけると知りながら

誰かに気づいてほしくて

夢中になっていたのだろう

大きくなった自分も

その頃となんら変わらない

抱えた孤独を分け合うため

心の呼び鈴を押しに行く

少し話し込んでみて

満足や違和感を覚えたら

そそくさと身支度をして

あっという間に走り去る

長居できるようになるまでは

まだまだ時間がかかるだろう

もしかすると亡くなるまで

臆病なままかも知れない

それでも僕は呼び鈴を押す

関わることを諦めない

いつか似た魂を宿した人と

時を忘れて語り合えるまで

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ピンポンダッシュやってみたかったです笑
    ウチ田舎だから、呼び鈴無かった。ちょっと憧れました。

    でも、心の呼び鈴ならどこにでも、誰にでも、相手が居ればあるから。後は押す勇気だけ。
    私なんてしょっちゅう逃げるし、エーティーフィールドはるし、脱走するし、失踪するし笑

    おんなじ魂は、ちょっと難しいかもだけど、似た魂のソウルメイトには出逢えるかもしれませんよね。どちらにせよ、心の呼び鈴鳴らさなきゃ始まらないし、わからないから。

    見つかると良いですね。色々気にしないで、色んな話沢山出来るお相手。私も生きてるうちにソウルメイトに逢って、電波じゃなくて、ちゃんと生身で、お茶でもしながら他愛の無い会話や、意見交換などしたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA