幸福宣言

思った方へ突き進んで

周りのみんなも巻き込んで

迷って転んで泣きついて

みっともないと囃される

何度も何度も落ち込んで

もうだめだって思ったり

全て放り投げてしまったり

一貫性なんてありはしない

それでも僕は

僕だけの正義を抱えて

誰になんと思われたって

絶対に幸せになってみせる

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • あら、良い心意気じゃない。
    私は好きよ。そう言うの。
    確かに色々言われば、気になるし、凹みもするし、自暴自棄にもなったりするけど、それでも自分はこうしたい!って思うなら、周りの言うことは取り敢えず「大きなお世話」と言うことで、ちょっと隣なよけといて。
    やってみてから後悔したって遅くはない。やりもしないで、後悔なんて無いんだから。あっやればよかったなぁの後悔は、あるかもしれないけどね笑
    やらない後悔より、やって後悔の方がずっと獲るものはあるわ。それに対して、離れてしまう人間関係があるのも然り。それは、その人の考えだからそれを矯正・強要するのは傲慢な気がするし。
    さぁ始めましょ。喜怒哀楽が、コロコロ入かわる喜劇を。思いっきり泣かなければ、思いっきりお腹抱えて笑うことも無いわ。ただ、周りにいる人も、離れてしまった人も、叱ってくれた人も、褒めてくれた人も、みんなみんなに感謝は忘れずに。「ありがとう」「ごめん」「おはよう」「おやすみ」「いってらっしゃい」「おかえり」は、ちゃんと口にして言葉にするように。

  • 将来を持つ事によって、絶望したり希望を持つ事が出来る。

    出来る事をする。
    出来るまでする。
    幸せは後から付いて来る。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA