濁り

誰かにとっての純な関わりが
誰かにとっての不純な関わりだとして

純な気持ちの行き場はどこなのか

どうしたら浮かばれるのか

断じて
行き場はない

断じて
浮かばれもしない

小さな心の隙間を埋めたいという
大きなエゴが

誰かを悲しませ
惨めな気持ちにさせる

ならばせめて自分だけは

その気持ちを知る自分だけは

今後一切
濁りある関わりを持つまい

誰にとっても時間は有限なのだから

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • らいむぎさんが使う言葉は時々とても難しい。
    けれども時々ほんとに頷くほど良く分かる。

    人が誰かを思いやれる見えない優しさは
    強さでもあると私は思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA