黄昏

黄昏に染まる水平線に

太陽が沈んでいきますと

薄明かりの残る空に

星々が浮かんでまいります

目を閉じて心安らかに

流れる声に耳を傾ければ

夜空の向こうに

星座の物語が聞こえてくるようです

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 夕方、夜空の星の見えるかなあの頃、こちらの台詞が浮かびます(*μ_μ)♪それだけで、田舎のへんぴな土台でも、プラネタリウム的、感動と、神秘的な雰囲気を感じることができるのです。

  • そういえば、いつも聞いてるこの台詞もらいむぎ作でしたね!
    らいむぎさんは文章も勿論素敵なのですが、それがらいむぎさんの声で発せられるとき、情景が目に浮かぶのが凄いと思います。
    私もお芝居をする時、歌を唄う時、情景が浮かぶように表現できたらなぁと思います。

  • 大好きな詩です。ライムギさんの声が流れると、懐かしいような、
    、温かなおもいが胸を満たします。優しい声、朗読有難うございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です