火おこし

ちいさな薪をくみあわせ

そよ風さえもさえぎって

燃えるものに火をつけて

少しずつ息を吹きかける

火力の安定するまでは

ささいなことにも気を配り

消えてしまわないように

世話をやめずに見てまもる

火おこしだけじゃないんです

習慣づくりも同じこと

火のつくまでが大変だ

あとは勝手に続くでしょう

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ふふっ、何だか子育てにも似た詩ですね。
    幼少期・肌を放すな、学童期・手を放すな、少年期・目を放すなと教えられました。
    習慣も、慣れるまでが面倒で、慣れてしまえばやらないことに違和感を感じる。
    一定期間続けられれば、後は続いていく。たまに少し手を加えてメンテナンスして、軌道に乗せる。
    流れって大事ですね。
    行雲流水。自然な流に身を任せて、世の中漂わせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA