荒み

ふと気づくと

人のアラを探していた

裏の思惑を探ったり

比べて妬んだりしていた

どうしてだろうと思って

自分のことを見つめたら

真っ暗な部屋の中に居て

白い天井を見つめてた

重いカーテンを開け放ち

どこまでも広い青を見て

いけないいけないこれではと

左の頬をつねったのです

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です