向き合う覚悟

選びとったものには

正解も間違いもない

正解にする必要も

間違いにする必要もない

ただし

選びとったものとは

向き合い続けねばならない

選びとらなかったこととも

向き合い続けねばならない

だから

選択をした後に

向き合い続けることを

覚悟して

選びとらねばならない

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 人生は選択の連続ですね。
    選ぶのも、やめるのもいつだって最後に答えを出すのは、自分自身。後悔しても良い。折れることもあるでしょう。目を背けたくなる時だって・・・それでも、良いんだと思うのです。選んだことに意味があり、体験や経験を積む。
    選ぶことを恐れないで、選んだ先の未来を喜怒哀楽豊かに過ごせる日々を楽しんで。

  • らいむぎさんの詩には「〜しなければならない」という言葉がよく出てくる気がします。
    強い覚悟を持てることは凄いと思います。
    でも人はそんなに強くないですから。

    そんなふうに生きると苦しくなってしまうような。

    私はしがらみのようなものにがんじがらめになって長く生きてきました。いつも「やらなくちゃ」そう思って自由に生きることを知りませんでした。

    この前らいむぎさんがリスナーの前で「何に縛られてるんだろう」とこぼした言葉が心の叫びに聞こえました。

    本来、人の心はなにものにも縛ることはできないのだと思います。
    好きなものには心惹かれ、
    苦手だと思うものには距離を置く。
    それがままならず人は苦しみを感じるのかもしれませんね。

    四角四面に生きているといつか息が出来なくなってしまいます………。
    なにものにも縛られることなく自由に自分の人生を生きてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA