雨晴

空を覆う分厚い雲に滝のような雨

道中の荒天が嘘のように晴れ渡る

後から降り立った君は

持ち出した傘を車に戻した

空色のキャンバスに白いかすみ雲

眼下の碧い水平線が目に鮮やかだ

きっとおなじ小さな奇跡を感じた

ずっと昔のどこかの誰かが

この地にこの名をつけたんだって

楽しげな君の隣で小さく笑った

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です