雨晴

空を覆う分厚い雲に滝のような雨

道中の荒天が嘘のように晴れ渡る

後から降り立った君は

持ち出した傘を車に戻した

空色のキャンバスに白いかすみ雲

眼下の碧い水平線が目に鮮やかだ

きっとおなじ小さな奇跡を感じた

ずっと昔のどこかの誰かが

この地にこの名をつけたんだって

楽しげな君の隣で小さく笑った

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 淡いスカイブルーの空と白い雲と青い海と水平線がとても美しいお写真。

    『天壇青』(てんだんせい)
    今日はじめて知った言葉です。

    天壇とは中国の皇帝が冬至の日に天に祈りを捧げるための祭壇のことだそうです。
    天壇に施された美しい瑠璃瓦をたたえ名づけられたということです。

    「人々の祈りに満ちた霊妙な色は青色に溶け込んでいくよう」

    建築を学んだ者として、らいむぎさんも少し心惹かれたりいたしませんか___✎︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA