戒念

何もできない

重い無念を枕に預けて

天井を見つめるしかない

浮き抜けた自分に伝う

人生を楽しんでくれ

繋がりに報いてくれ

決して忘れるなよ

重い無念を

決して忘れるなよ

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • お疲れ様です。
    動きたくても動けない時、体が鉛の様に重いときあります。それだけ普段体に心に負担をかけてしまっていたのかも知れません。自分の事に関して、不器用な自分なので体が休んでと訴えているのでしょう。つい無理をしてしまう。自覚が無いから、なお厄介。匙加減とは、本当に難しい。もう少し、後少しだけ頑張らせて。とつい、度を越してしまう。
    動けないのなら、動かないのなら、今は観念して体の訴えに従って休養致しましょう。休養も大事な大事な仕事です。

  • ゆーっくり
    ゆーっくり
    何もしないで
    衣食住だけでいいよ。今は。
    少しだけ息ができるようになったらまた動き出そう。
    今はその時

  • こんばんは☆
    暖かくして、いい夢見られてますか?
    暖かいご飯、いっぱい食べてますか?
    心と身体は基本仲良しですが、正直だから、たまにお互い喧嘩します。
    身体は元気なのに、頭が働かない。
    やりたいことあるのに、身体が動かない。
    それは、誰にでもあります。大なり小なりあります。
    解決法は「待つ」事。2つが仲良くなって、一緒に動き出せるまで。
    でも、自分が動けないことで誰かに迷惑をかけちゃう、誰かが困っちゃうとか自分の「先」まで考えちゃう人はちょっと疲れます。
    それでも、生命は思っているより強い☆
    全ての生命は強いんです☆☆
    頼麦さんも、頼麦さんが生み出してきたものも、頼麦さんを応援してる人達も、みんなしっかり生きています!
    生かされていますヽ(´▽`)/!!
    なので、今は自分のしたい事だけをして欲しいです。
    寝るでも食べるでも、歩くでも何でも。
    皆と遊びたくなるまで(^ー^)
    頼麦さんが一声かければ、皆さんすぐに返してくれますよ♪
    「あーそーぼー」
    「いーいーよー」って。
    と、思います。長文失礼しました。

  • 昨夜のトークを聴いて勝手にですが…
    同感出来る事ばかりでした。

    私も中学生の時と大人になってから言葉のいじめを受けた経験があり、
    だからこそ同じ事はしたくないと思っています。

    いま抱えていらっしゃるジレンマについても良く分かる気がしました。

    「陰陽」この二つがあって、この世界は成り立っている。

    暗い世界を知るからこそ明るい世界の温かさをより感じる事が出来ますよね。

    やはり「明るい世界ばかりの世界は眩しすぎる時があります。

    その全てをらいむぎさんは理解していらっしゃるのですから、
    きっとどちらも受け止めて目指したい「笑い」を作っていける方なのだと感じました。

    能や夢の話もとても興味深く面白かったです。

    根はとても真面目でいらっしゃるのに発想が豊かで、古き良きを大切にしながら現代的な言葉も使える。

    その豊かな感性であの温かい物語や詩を書くことができるのですね。

    そして自分自身も大切にする事が出来る方だとも思いました。

    そんならいむぎさんならきっと語った夢を叶えていくことがきっと出来ると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA