午後の祈り

人の数だけ悩みがあって

人の数だけ夜がある

 

鼻をつまむような世界で

希望だけを見据えるのは難しい

 

それでも

 

顔なじみのあの人や

文字なじみのあの人に

少しだけ元気をもらって

今日もどうにかやり過ごす

 

人の数だけ悩みがあって

人の数だけ朝がある

 

あなたの迎える朝が

澄み切った朝でありますように

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • いつも、ありがとうございます♪

    ちょっと詩にグッとくるものがありました。

    適応障害(不安障害)を抱えている私ですが、らいむぎさんから元気を貰っています。1ヶ月、過呼吸の発作も無く過ごせたのも、らいむぎさんのお陰だと思います。
    これからも、沢山の詩、朗読を楽しみにしています。

  • 人生の終盤にきて、振り返った時、自分は何をやりたかったのだろう、何が向いていたのだろうと、考える。
    向いていないと自覚できたこともある、上手く行かなかったことが 頭の中で廻りだすと ねむれなくなる。
    眠るための音楽が沢山紹介されている。どれを聴いても
    眠れない、そして「ねむりやのらいむぎです」と言う声に釘づけになった。今ではリスナーのお仲間のみなさんから元気をいただいて、らいむぎさんから限りない優しさ、深い思いやりの人格に選んできた生き方に自信を持たせていただけた、心から感謝している毎日です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です