冬はじめ

木陰に入る

寒風に吐く息白く

踏む側を水がささやく

目を凝らす

見捨てた景色白く

湿地の命を氷が這い張る

はらり散る葉は温い地探し

草木は初霜に震える

かじかむ空には皆同じ

足並み揃う冬はじめ

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 頼麦様
    明けまして おめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

    お散歩に出ていらっしゃるのでしょうか?お家の窓から見えるのでしょうか?
    本格的に冬本番となりましたね。こちらは、毎日の様に雪が舞っております。冬の雪が降った後の静けさが好きで、雪化粧した風景が好きで、冬の夜空が好きで夜ふらりと散歩に出てしまう事もあります。
    お散歩しながら、小さな春を見つけられると良いですね。

    良きお年始お過ごしくださいませ

  • ライブ中での即興の詩 とても素敵ですすね
    寒さがしんしんと伝わってきます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA