滑稽

ふと歩きたいと思い立ち

ダウンとマスクと家の鍵

寝癖隠しの帽子をかぶる。

ドアを開けると冷たい雨

一瞬の躊躇はしたものの

負けるもんかと歩き出す。

道吹く風はあまりに寒く

つまらぬ意地を後悔する。

それなら急いで帰ろうと

傘を冷たい手で握りしめ

そそくさと退散する僕は

なんと滑稽なことだろう。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • うふふ、、そんな「意地」も
    時には天邪鬼な自分の背中を押してくれる
    力になるからいいのかもですねw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です