あと30本

いらっしゃいどうも、こんばんは。

ねむり屋のらいむぎです。

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

ちょっと節目のようですので、今日は詩ではなくて、文章を書いてみようと思います。

毎日、詩を書くようになって二ヶ月と少しが経ちました。

いつの間にやら、書いた詩は70本になっていたようです。

継続ってすごいね。

もともと詩を書き始めた理由は、「机に向かう習慣をつくるため」と「自作の詩の朗読動画をつくるため」でした。

人間が一つの習慣を日常にするためには、平均66日がかかるというデータがあるそうです。

確かに最近はもう、午前中に机に向かって詩を書かねば気持ちが悪い、と感じるまでになってきました。

この時点で、目的の一つは達成したことになります。あとはこのまま続けていくだけです。

もう一つの理由「自作の詩の朗読動画をつくるため」は、詩が100本溜まったらつくろう、と初めから決めておりましたので、もう一ヶ月ほどお待ちください。

そんな詩を書く日々の中で、嬉しい誤算(本当はちょっぴり予想していました)がありました。

それは、今まで以上に積極的に、本や映画、音楽などの作品に触れるようになったこと。

詩を書くには、元になる経験や記憶が必要です。

僕の場合は、大きく二つ、自分の経験と他者の経験をもとに詩を書いております。

自分の経験は、自分に起きたこれまでの出来事や、これから起こるであろう出来事を、そのまま、もしくは少し想像を加えて書いていきます。

他者の経験は、主に本を読んだり、映画を観たり、普段応援してくださる方々にいただく言葉をもとに、自分との共通項を探して、書いております。

この、他者の経験を得るために、本や映画、音楽が必要なんですね。

何かを自分から出していくと、次第に中身が減っていきます。

そうなってくると、中身を補充していかなければ、日々の創作に追いつかないんですね。

思えば、これは動画投稿を毎日行っていた時でも同じでした。

途中までは良かったのですが、忙しい日々の中で、途中から物語を補充することを怠ってしまった。

簡単に言いますと、ネタ切れです。

これにより、僕自身の中の物語が枯渇し、動画投稿が止まってしまったように思います。

今、毎日詩を書いているのは、新しく動き始めた時のエネルギーを貯めているようなものです。

自分の書いた詩が、たんまりあれば、動画のネタに困った時に使うことができます。

前回走った時の反省を生かして、また走り始めた時のために準備をする。

短距離走者である、僕なりの工夫です。

そんなこんなで、明日からまた詩を書いていきます。

そろそろ、動画を投稿したくてウズウズしてきましたので、もう少しだけエネルギーを溜めたら、また走り出そうと思います。

その時は、どうぞ、また忌憚なきご意見をお聞かせください。

それでは、今日も一日楽しんでいきましょう。

お相手は、ねむり屋のらいむぎでした。

夜咄頼麦

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • こんにちは。初めまして。
    YouTubeでお世話になっております。笑

    過去の生配信とかで数回コメントさせていただきました。
    (ほろ酔いの配信で(‘ω’))
    実家が江ノ島の近くなので……
    江ノ島のキャンドルをらいむぎさんが見に行っていたと知った時はなんとなく勝手に親近感が。。。

    《詩》70本お疲れ様でした(๑˃̵ᴗ˂̵)
    一言、伝えたかったのでコメント送らせていただきました。
    これからも応援させて頂きます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です