味覚

部屋の暗がりに慣れた目に、

あまりに眩しい陽の光。

おぼつかない足取りで、

なんとか行き着いた定食屋。

ふるえる指で券を買い、

人の目気にして腰を下ろす。

運ばれた卵とじ定食に、

味覚を取り戻した嬉しさに、

喜びに、

感謝に、

幸せに、

ただただ泣いてかき込んだ。

味がわかることは幸せだ。

味がわかることは喜びだ。

命をつなぎ生きていく希望だ。

味がわからなければ、

何でも同じ味ならどうだろう。

僕らの食べる気力は失せゆき、

みるみる身体は衰弱し、

そうして限りなく死に近づく。

僕らは味覚に感謝して、

一食一食を有り難く楽しもう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です