空を見上げる。

 

視界の中心に、雲を捉える。

 

風は弱い。

 

雲の流れは目視できぬほど遅い。

 

安心して、ふと物思いに耽ける。

 

次に目を向けた時には、雲は消えている。

 

変化

 

世界は絶えず変化していく。

 

それは人も同じで、片時として同じ瞬間は無い。

 

体内では細胞が分裂を繰り返し、古い細胞は死に、新しい細胞にとって代わられる。

 

にも関わらず、日々私たちは、変化の連続を不変と錯覚してしまう。

 

これはいけない。

 

変わらないものなんて無いのに。

 

何かが変わると、その変化を許容できる者はその変化に賛同する。

 

一方、追随できない者は手のひらを返して変化を否定する。

 

変わってしまった、残念だ、と。

 

これはいけない。

 

前提が違うのだ。

 

変わらないものなんて無いのだ。

スポンサーリンク

 

喜び

 

私たちは一瞬一瞬を生きている。

 

それぞれの一瞬は眩く、尊い。

 

だからこそ、その一瞬を尊重し、喜ぶべきではないのか。

 

それぞれの変化を尊重し、喜ぶべきではないのか。

 

もっと変化を喜ぼう。

 

どう?喜べそう?

 

ふむふむ。

 

まだ足りないね。

 

もっともっと喜ぼう。

 

全身全霊で、笑い、喜ぼう。

 

人生は一度きりなのだから、大切な一瞬一瞬を喜びで満たそう。

 

朗らかにやっていこうじゃないか。

 

自分の悪い評判が気になる?

 

いやいや。

 

そんなところに割いている時間がどこにあるんだい?

 

君はもっと輝ける。

 

もっと喜びに満ちた世界を知ることができる。

 

今、この一瞬から、少しずつ、始めればいい。

スポンサーリンク

 

笑顔

 

人生は日々の集積で出来上がっていく。

 

変化の連続が、いつの間にか歴史となっていく。

 

例えば、人生という壮大なパズルピースのうちの一つのピースが、今日という一日だったとしよう。

 

その一つのピースを、君は何色に染めたい?

 

どんよりとした灰色に染めたい?

 

もちろん、灰色もいい。

 

絵はコントラストも大切だ。

 

ふむ、明るい絵のパズルを作りたい?

 

ふと振り返った時につられて笑顔になれるような、たくさんの笑顔で埋まったパズルを作りたい?

 

いいじゃないか。

 

君は今、その途上に居るんだ。

 

今は急激な変化に溺れてドロドロの状態かもしれない。

 

変化の中で、新しい自分を生み出すべき段階なのかもしれない。

 

でもきっと、今の君の葛藤は、笑顔の溢れる未来に繋がっている。

 

笑顔で、朗らかに、変化を喜んで生きていこう。

 

気づけばきっと、周りには笑顔が溢れているよ。

 

嵯峨ノ頼麦

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です