人生の意味

 

おじゃまします。らいむぎ(@rye_enjoy)と申します。

 

今日は、先日配信の中で読んだコメントから考えたことを少しお話しします。

 

誰でも、人生に意味はあるのかな、なんて考えたことがあると思います。

 

誰でも、時々、ふと虚しい気持ちになることがあります。

 

今回は、人生の意味についてのお話。

 

参考文献:『ここにないもの 新哲学対話』野矢茂樹 文

 

ここにないもの

 

『ここにないもの』は、大学の先輩がプレゼントしてくれた本です。

 

先輩のお気に入りのカフェを紹介してもらった日。

 

明るい未来についてあれこれと話した思い出があります。

 

そんな本の第1章、

「人生は無意味だ」って、どういう意味なのだろう

から引用です。

 

いまは思いもよらない新しいもの。

いまは思いもよらない新しい人。

そして新しいことば。

「人生は」なんて簡単にくくれるような気がしていたのは、

そんな、いまは思いもよらないものたちへの予感をなくしていたからなんだ。

 

ほとんど結論のところです。

スポンサーリンク

 

悩んじゃう時の過ごし方

 

思いもよらない新しいものたちへの予感とは、明るい未来への希望なのだと思います。

 

そもそも、希望たっぷりに気持ちが満ちている時には、人生の意味なんて考える暇がありません。

 

そう、暇がないんです。

 

人間は、暇ができると頭を働かせます。

 

ぐ〜るぐ〜ると考え出して、いつの間にか迷路の中へ迷い込んでいく。

 

迷い込んでしまったら、もう考えがこんがらがってしまって、なかなか抜け出せないのです。

 

そんな時にはどうするか。

 

スッと、後ろに戻ってみる。

 

自分の好きな音楽ってなんだったろう。

 

自分の好きな食べ物ってなんだったろう。

 

自分の好きな本ってなんだったろう。

 

自分の好きな人って・・・。

 

そうやって、自分の好きな世界を思い出して、それらに触れる。

 

ゆっくりと、時間をかけて、心と身体を休めながら、触れる。

 

そうやって過ごすうちに、いつの間にか糸がほぐれて、少し目の前が明るくなっているかも知れません。

 

おすすめの対処法です。

 

スポンサーリンク

楽しんで生きる

 

「人生は無意味だ」って、どういう意味なのだろう

 

章の名前になっているこの言葉ですが、この言葉を僕は次のように解釈しています。

 

「人生の意味なんて気にならない時ほど人生は楽しい」

 

楽しんで過ごしている最中は、気にならないこともあります。

 

それでも誰しも、ふと立ち止まった時に考えてしまう。

 

いつか、明るい未来を思い描いて目指していた地に立てるようになり、次の目的地を目指さなくてはならない時などもそうですね。

 

立ち止まって休むことも必要。

 

でも、必要以上に悩む必要はないんだと思います。

 

そんな時は好きなものに触れて。

 

楽しんで生きていきましょう。

 

ではでは!

 

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

らいむぎ
わくわく、楽しんで生きましょう!

 

何の為に生きて行くのか
答えなんて無くていいよ
会いたい人と必要なものを少し守れたら

 

back number『瞬き』

 

嵯峨ノ頼麦

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です