酔い酔い書き殴り

酔っ払いながら書きます。

今日は二年と少しぶりに、父と母、弟と三人で過ごす時間がありました。詳細は追ってお話しするとして、簡単に感じたままのことを書き残します。

第一に、家族は変わらない形のまま、そこにありました。父と弟が話し手に回り、母と兄が聞き手に回るところも、食事をした後にみんなでご馳走様を言うところも、変わらずに調和の取れた空間でした。

そして、それは当たり前のものではなく、各々が心を配り合い積み重ねた時間によって達成されているものでした。どんな時も乗り越えて、また今日食卓を囲めた。紛れもなく、それぞれの努力の賜物だと思います。

しかし、変わらない点だけではなく、大きな変化もありました。

それは、自分自身の想像力と感受性の発達でした。過去には受け入れられなかったものが、今では納得できるようになった。過去には聞き流せなかったものが、今では赦せるようになった。こういった変化です。

簡単に書けば「大人になった」ということなのかも知れません。普段の自分ならば反発をしたでしょうが、今日の自分はこの変化を肯定的に受け止めています。調和と笑顔のための成長は歓迎してもよかろうと思うのです。

皆が楽しげでいる。

こんなに素晴らしいことはないでしょう。

今日は滑り込みの投稿で、書き殴ったような形になりごめんなさい。明日以降も数日、こんな具合かも知れません。予定は未定であります。まずはぐっすり休むとします。明日は明日の風に吹かれます。おやすみなさい。

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 酔い酔いながら昨夜読みました
    私はらいむぎさんのお母様と同じ年代だと思います。

    久しぶりに息子と会えてご両親様も嬉しかったことでしょう 素敵な時間を過ごせましたね 

    年齢があがるとともに物事の感じ方、受け取り方も変わってきますね……

    とてもほっこりとした気持ちで読みました

    これからも酔い酔い書き殴り、滑り込み投稿、楽しみにしております

  • 帰る場所があること。
    そこに変わらず居てくれる人があること。
    それだけで嬉しいですね。

  • すこくすごく幸せな時間を過ごされているんですね。
    温かい空気が文字から伝わってきます。
    きっとこれからもっと温かい詩が増えて、私達にも温かい気持ちを届けていただけると期待しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA