菊姫

透き通った幸せを

舌の上で転がす

横から下に回り込んだ甘い液が

じわじわと舌を痺れさせる

これだ

この感覚が至高だ

仄かな甘みを感じながら

幸せな緑を目に浮かべる

これだ

この感覚が至幸だ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA