寄席書き

間。これを強く意識する一日でした。朝に思い立って決行した弾丸演芸ツアー。強く心惹かれただけあり、本当に実りある楽しい時間でした。こんな身勝手を許してくださる皆様に感謝。自由に活動させていただいております。

昼の部と夜の部、通しで入り浸るつもりで乗り込んだ人生初の寄席。客席全体を眺め渡すため、最後部の端に陣取りました。午前中は流石に客席もまばらでしたが、次第に埋まり始めます。

誘導も貼り紙も無いのに、自然と客同士の間隔も保たれ、こんな時勢に寄席に集う呑気な人間たちの存在に心温まります。前座から大師匠まで、どんな失敗もご愛嬌。この優しい空間に世界中の人が浸れば、争いなど無くなるだろうに。そんな考えも浮かびました。

客の笑いに釣られ、演者の芸は走る。客も益々笑顔になる。なんと心地良い循環でしょうか。こういった時間、空間を創り上げねばならない。創作者と演者、両の側面をもたせていただく人間として、学びの多い旅でした。

生憎、昼の部を終えてお尻が痛くなったことと、電車のお尻が気になったことで、夜の部は断念。師事する門も継承する名もないけれど、自分にしか表せない芸を磨き出せると信じて。投げかければ皆様が応えてくださると信じて。

これからの創作が本当に楽しみでなりません。みんなで一緒に進んで行こうね。僕らの未来は明るいよ。

夜咄頼麦

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 『ねむり家頼麦』を知って8ヶ月。不眠症で知ったのが、今思えば懐かしいし、お陰様で不眠症もかなり改善致しました。それ以前の作品を知りたくて、 今日は一日中YouTubeを聴いていました。今、3万人記念のナイトクルーズに辿り着いて聞き入っておりました。
    2年間の活動という事で、私が知らない頼麦さんを探してYouTubeを巡っております。頼麦さんと出逢って本当に良かった。偶然の出逢いですが、私にとってかけがえのない出逢いになりました。毎日安らぎの心を与えて下さって有難うございます。これからもずっと側にいてくださいね。

  • 実りある一日を過ごされて麦リストしてとても 嬉しいです。ただただ見守っているいるしかできませんが
    ご自分の思う人生を満喫仕手くださいますように願っています

  • 素敵な一日をお過ごしになられたのですね。
    久しく周囲が、笑い声で溢れると言う状況下に出会えていませんね。このご時世致し方ないのかも知れませんが、少しずつでも祭りや式典、わいわいした食事など出来るようになると良いですね。普段から周りの目を色々気にしてしまう性格な自分。コロナ禍で更に上乗せされるようになり、息苦しい日々です。
    やっぱり周囲の明るい雑念のない純粋な楽しい嬉しい笑い声は、心地良いです。見返りも何も気にせず、純粋な素直な笑い声。そんな空間に私も行きたい。

  • この日の日記ラジオはお声が弾んでいるように感じました。心から楽しくて、わくわくしたのですね。

    与える側と受け取る側。どちらの感覚も感じ取ることが出来て心が充実している様子が伝わってきました。

    「自分にしか表せないもの」
    らいむぎさんはその引き出しと可能性をたくさん持っていらっしゃると思いますよ。

    どんどん出来る日もあれば全く出来ない日もありますね。… やっぱり人間ですから。

    そんなふうに自分自身のことも励ましつつ
    遠く離れた小さな世界より小さなエールを。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA