うわのそら

いつもはみえているものが

きょうはなんだかうわのそら

木々も小石も青空も

なにものこらずながれてく

いつもはきこえているものが

きょうはなんだかうわのそら

風も小鳥も川水も

なにものこらずながれてく

だれもしらないこのきもち

わかちあえないこのきもち

いつかあなたにであうまで

きょうもかかえて生きるのです

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 「こどく」でしょうか
    多勢の中でこそ、孤独は感じられるもの
    ある時、突然「あれ?私ってひとり?」と気づく。
    家族はいる、一つ屋根のしたに
    6人!
    具合が悪くなったら、スマホで
    階下の夫に連絡
    そのために81才の夫に「初めてスマホ

  • 切ない詩だね。
    分かち合えない気持ちを抱えて生きるって、苦しいね。

    心の想い、全てを理解し合うのは難しいけれど、
    愛というメガネを通して見れば、色んなことが見えてくる。
    理解しようと思いさえすれば。

    出逢えると良いね。分かち合える人に。

    出逢えるよきっと。信じていれば。
    信じ切るのよ! 頼麦さん、自分自身を。

    To believe is to believe in myself rather than depending on others.

    信じるって、人に期待することじゃない。
    信じるって自分に決意することなのよ。

  • ありますよね。こんな日も。
    そんな日は、流れに身を任せてうわの空で1日過ごします。流れる雲のように、流れる水のように何も疑問を持たず、抗わず、ただただ流に身を乗せて。
    人間そんな日も必要なんですよ。
    うわの空だからこそ、見える景色も気付ける幸せもあるものです。

  • 今もうわのそら、ですか?
    「上の空」
    何か他のことに心を奪われてぼぉっとしてるような感じかなぁ?
    良いですよね、たまには。うわのそら。上の空。

    今日は空が青くて外は(うちの)鳥が鳴いています。
    うわのそらにもってこいのお天気です。

    もし空を見る元気もないのだとしたら
    自分の心臓が動いているのを確認して
    「生きている」って感じてくださいね。

    耳を澄ませ心を鎮めると
    わずかに風もそよいで
    木々も揺れていますよ❁⃘┈̊︎・•❁⃘

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA