白鳥から逃げたい鴨のお話。

和室でゴロゴロと寝そべっていると、涼しい風が入ってきます。

日中はあれほど暑かったくせに、とんだ様変わりです。

夜遅くにこんばんは。ねむり屋のらいむぎです。

雑草日記は不定期更新…なのですが、最近は無性に書きたい欲求があり、連日の更新となりました。

でも、毎日は書かないよ。

書かないんだからね。

うむ。

本日は作業の切れ目でいつもの公園にお散歩に行きました。

いや、正確には自転車を漕いできました。

いい加減、タイヤの空気が抜けてきていたので、空気をパンパンに入れて走ったのですが、ありゃあいいですね。

自転車が若返ったようにスイスイ漕げます。

多少の段差はなんのその、です。

そうやって辿り着いたお気に入りのベンチに、平日真っ昼間から「でーん」と腰かけ、好きな音楽を流してぽけーっとしておりました。

そうすると、目の前の池に二羽の鳥が泳いでおりました。

鴨と白鳥です。

なんとなく眺めていると、鴨のあとについて白鳥は泳いでいるようで、鴨が右に行くと右へ、左に行くと左へとついていきます。

鴨は、なんだか心地が良く無かったのでしょうね、ちょっと嫌そうな顔に見えました。

(どうするのかな〜)

なんて考えて経過を観察しておりましたら、鴨が策を講じました。

泳ぐスピードを上げたのです。

もちろん、それについて泳ぐ白鳥のスピードも上がります。

と、急に鴨は小柄な身体を活かして急旋回。

大きな白鳥は曲がりきれずに、諦めて真っ直ぐ行ってしまいました。

(うまくやったもんだなあ)

妙に感心した上に、普段は人が多くてなかなか見られない鳥たちの自然な振る舞いに癒された午後でありました。

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • こんばんは(*^^*)
    自転車の、タイヤ、空気は、命です(^^)
    毎日、乗っかってる、この、私を運んでくれています。
    ゆったり、お散歩良いですね(〃⌒ー⌒〃)ゞ

  • 何気ない一日の、瞬間のひとこま。

    物語を見ているような感覚になります。

    やはり、人は見たいものを見るのだと、貴方を見てて
    そう思います。
    少なくとも、私には見られない光景だろうなあ。 

    気がつくと、笑顔になっている日記です。

    ありがとう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です