【フリー台本】下呂の雪風呂【読み聞かせ用】

 

冷たい風の吹く12月、温泉に浸かりたい、と思い立って日帰りで山間の温泉街へ出かけた。

 

予約をせずとも空席の目立つ昼過ぎの高速バスに乗り込む。

 

見慣れた都会の景色が次第に移り変わり、ビルが住宅地になり、川を渡ると住宅地が田畑になり、次第に林が立ち、山間部に入り、木々が雪化粧を始めた。

 

到着した駅のバスターミナルはめっぽう寒く、着込んだはずのコートがまるで意味をなさないほどに、身の凍える寒気である。

 

あたりは一面の雪景色だが、少し前に雨かみぞれが降ったのだろうか、路面の雪は解けている。

 

駅を出るとそこはもう温泉街で、道沿いには足湯に手湯、駅側に近いというので土産物などが売っている。

 

このあたり一帯は、駅の近くの温泉街エリアと、温泉街エリアから橋を渡った宿泊施設エリアの、2エリアで構成されている。

 

川をまたぐ橋は朱色で鮮やかに雪景色に映え、まっすぐに伸びており、橋の上の灯りが川の水面に反射して美しい。

 

その静かな橋の上を、雪景色を楽しみながらゆっくりと渡る。

 

橋を渡り切ってすぐ左に温浴施設があり、日帰り入浴を受け付けているようであったので、持参したタオルを引っ提げて中に入る。

 

どうやら露天風呂もあるらしく、はやる思いで、急いで身体を洗って外の風呂に向かった。

 

湯に浸かった途端に脳までじんわりと温まる感覚というか、たまらなく幸せな心地がして、目を閉じてしまった。

 

と、肩にひんやりと冷たいものが落ちる。雪だ。

 

風呂で火照った体に舞い降りてはひとときに溶けてしまうが、かなり大粒の雪だ。

 

暑い夏の日に冷房の効いた部屋に入ると気持ち良いように、

湯につかって身体を温めては半身だけ湯から上げて、雪の解ける感覚を味わうのがまた、何とも言えず気持ちがよい。

 

日帰りではあるが、本当にこの地を訪れてよかった。

 

帰りたくない。次は絶対に一泊しようと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です